マイクロスコープでの根管治療・歯根治療・歯の根の治療は神戸市中央区の歯科医院アートセンター歯科へ

ネット診療予約
  • 神戸市中央区の歯科医院(歯医者)アートセンター歯科
  • リンク
  • サイトマップ
精密根管治療(マイクロエンド)
トップページ > 診療科目案内 > 精密根管治療(マイクロエンド)
精密根管治療(マイクロエンド)について
根管治療とは、歯の根の治療のことです。
歯の神経の管(根管)の中の感染物質を除去して綺麗にして、歯を保存するための治療です。

歯を失わないための重要なポイント―「最初の根の治療」が非常に大切
できるだけ早期発見、早期治療で神経を取らないですむステージでの治療が大切ですが、残念ながら神経を取らざるを得ないこともあります。
(アートセンター歯科では神経をできるだけ残すことができるドックスベスト法を行っています)

精密根管治療(マイクロエンド)その場合は、「最初の根の治療」がとても大切です。

歯を失わないための最大のポイントは「最初の根の治療」を成功させることなのです。(最初の根の治療の成功率は世界水準の根管治療の場合約80−90%で、日本の保険診療の場合は約30−40%と半分の成功率)

もし、1回目の治療が成功しなかった場合、根の部分に細菌が感染して膿がたまってきます。→根の治療した歯の腫れや痛み

そうすると、再度根の治療をしないといけないのですが初回と比べて、治療成功率が著しく低下することが分かっています。
(世界水準の根管治療の場合の成功率は約40−60%、日本の保険診療の場合は約10−30%)

根の先に膿がたまるなど悪くなってからの治療の繰り返しは、歯の寿命を縮めてしまうことになってしまうわけです。 (膿がたまると全身の健康に大きな悪影響が出てきます→歯性病巣感染)

ですから、できるだけ歯を残すためにも、体の健康のためにも、もし神経の処置が必要な場合は、最初の根の治療を世界水準の精密根管治療で行うことがとても重要だと覚えておいてください。
根管治療の成功率
  マイクロエンド 日本
@初めての治療の場合 80-90% 30-40%
A根の先に膿がたまって再治療する場合 40-60%
10-30%
B根の先に膿がたまって外科的歯内療法をする場合 80%以上 50%以下
お問い合わせはこちらをクリックsp無料カウンセリングのご予約はこちらをクリック

マイクロスコープでの根管治療・歯根治療・歯の根の治療は神戸市中央区の歯科医院アートセンター歯科へ


精密根管治療とは
世界水準の精密根管治療には3種の神器といわれている次の3つが必要です。
精密根管治療(マイクロエンド)
種類 説明

マイクロスコープ
(実体顕微鏡)

マイクロスコープ(顕微鏡)で根の中を明るく照らして拡大してよく見えるようにして治療する。

世界的には現在、根管治療するときマイクロスコープは必須となっております。肉眼ではほとんど手さぐりに近い状態で、勘と経験で行っていた治療が、マイクロスコープ(顕微鏡)を使うことによってはっきりと見ながら確実に治療できるからです。
【マイクロスコープ(顕微鏡)についての詳細はこちら>>>】

また、根の先に膿がたまった場合に行う外科的歯内療法においては、マイクロスコープ(顕微鏡)を使用することによって飛躍的に治療成績を向上させることができるようになりました。
【外科的歯内療法マイクロサージェリーの詳細はこちら>>>】
歯科用CT 歯科用CTで正確な診断と治療計画をたてることができる。

従来の歯科用レントゲンでは歯という立体的な構造物を投影した2次元画像であるため、根の治療の診断や治療方針をたてるのに苦慮することが少なくありませんでした。

しかし、歯科用CTを使用することで3次元画像情報を得ることができ、正確な診断と治療方針の決定ができるようになりました。

歯科用CTはインプラントはもちろん、様々な治療でとても有用でありますが、根の治療(根管治療)においても、その有用性が多数報告されるようになってきています。
ニッケルチタン製
ファイル
ニッケルチタン(NiTi)ファイルを使用することによって複雑な根管でも治療できるようになった。

ニッケルチタンファイルの最大の特徴は超弾性を有しており非常に軟らかいため、微細に複雑に湾屈曲している根管に沿って挿入できることです。

従来のステンレススチール製のファイルでは、そのような複雑な根管内に挿入することができないケースが多く、汚染物質をとり残すことが頻発していました。

また、ステンレススチールはニッケルチタンに比べ屈曲しにくいため、湾曲している根管を破壊してしまい、正確な根管治療ができなくなってしまうことが多くありました。

しかし、ニッケルチタンファイルを使うことで、複雑な根管であっても正確に治療できるようになってきました。
神戸市中央区の歯科医院(歯医者)アートセンター歯科ではもちろん、この3つを揃えて(最上位機種)万全の態勢で治療に取り組んでおります。
項目 内容

治療回数

抜髄(最初の根の治療):1〜3回
感染根管(膿がある) :2〜5回
1回あたりの治療時間 約1-2時間:長時間開口し続けるので開口器をつけます。
お問い合わせはこちらをクリックsp無料カウンセリングのご予約はこちらをクリック

マイクロスコープでの根管治療・歯根治療・歯の根の治療は神戸市中央区の歯科医院アートセンター歯科へ

ページトップへ

根の治療後の腫れや痛みについて
根の治療が終わって、土台をたてかぶせをしても、その後に根の先に炎症を生じ、腫れたり痛んだりすることがあります。 これは、根の形態がとても複雑で、狭窄していたり湾曲していたりすることが多く、また、微小な根管が枝分かれ(側枝)していたりするために、根管内を完全に清掃、消毒して無菌化することが不可能であるためです。

また、根の先に炎症が生じた場合に再治療する必要があって土台を除去するときに、割れたり穴があいたりする危険性が高く困難を極めます。

もし、どうにか土台がとれたとしても根の再治療の成功率はよくありません。
それは、炎症が生じている根の先には多数の枝分かれ(側枝)があり、その枝分かれ(側枝)している部分にはファイルが届かないので機械的な清掃ができないからです。 精密根管治療(マイクロエンド)ですから、多くの枝分かれ(側枝)がある根の先の部分を外科的に除去するほうが成功することが多いのです。この治療を外科的歯内療法(マイクロサージェリー)といい、マイクロスコープ(顕微鏡)を使うと格段に成功率が高まります。

従来の肉眼での外科的歯内療法の成功率が約50%であったのに対して、マイクロスコープ(顕微鏡)を使用した外科的歯内療法(マイクロサージェリー)では約90%の成功率となっております。

この外科的歯内療法(マイクロサージェリー)の成功率が高くなってきたことも、最近は以前に比べて歯を残すことができるようになってきた大きな要因となっております。

外科的歯内療法(マイクロサージェリー):歯根端切除について
最初の根の治療の場合、多くのケースでは通常の上からのアプローチの根の治療(根管治療)で治癒します。しかし、時々上からのアプローチだけでは治らないケースもあります。それは、根の先に根の枝(側枝)がある場合や、石灰化によって根管が細くなってしまい、治療器具が到達しない場合などです。

また、一度根の治療した後に感染して炎症を生じ、膿をためたようなケースでは、最初に根の治療をした時に根管の形態を破壊してしまって器具が正しく到達しなくなってしまっていることがあります。

精密根管治療(マイクロエンド)そのような場合は、感染している根の先を外科的に切除する歯根端切除術をするのが適切です。

この、歯根端切除術では、まず麻酔して患歯の周囲歯肉を剥離し、骨の状態を確認してから、感染し炎症が生じている組織を完全に取り除きます。

それから、根の先端も切り取り、切断面に抗菌性のある材料で蓋をします。

最後に剥離した歯肉を戻して縫合して終わりです。

手術内容を聞くと大変な手術のように思われる方が多いですが、実際は傷跡は綺麗に縫合するので出血もほとんどなく、麻酔が切れた後の痛みもあまり出ません。

術後は抜歯のほうが大変なことが多いぐらいです。

アートセンター歯科では、感染した組織を除去したところに血液から作成したフィブリンゲルを入れたり、生体となじみのいい安全な材料を使用するため非常に治りが早くて良好です。
お問い合わせはこちらをクリックsp無料カウンセリングのご予約はこちらをクリック

マイクロスコープでの根管治療・歯根治療・歯の根の治療は神戸市中央区の歯科医院アートセンター歯科へ

ページトップへ

外科的歯内療法(マイクロサージェリー)の位置づけ
マイクロスコープ(顕微鏡)を使った根の治療がスタンダードになった現在では、根の治療には「上からのアプローチの治療」と「下からのアプローチの治療(外科的歯内療法)」の両方を合わせて「根の治療」であるとの認識になってきております。

根の治療(根管治療)=「上からのアプローチの治療」+「下からのアプローチの治療(外科的歯内療法)」

つまり、手さぐりで精度の低かった従来の根の治療の時は「上からのアプローチ」が失敗した場合は仕方なしに、可能性は低いが「下からのアプローチ」で歯の保存を試みる、といったとらえ方であったが近年はその認識が変わってきているのです。

精度の高い根の治療をしても、その根管の形態からどうしても「上からのアプローチ」だけでは治らないケースは「下からのアプローチ」をしていくことが必要になる、ということを事前に理解しておくことがとても大切なのです。
項目 内容

治療回数

外科治療:1回 / 翌日消毒1回 / 10〜14日後の抜糸1回
合計3回
1回あたりの治療時間 外科治療は約1〜2時間
眠った状態で治療できる「鎮静法」というものがあります。
当院ではインプラントの時に行っており、とても楽に外科治療を受けることができます。
ご検討される場合は、スタッフが説明しますのでおっしゃってください。

お問い合わせはこちらをクリックsp無料カウンセリングのご予約はこちらをクリック
ページトップへ

神戸市中央区の歯科医院(歯医者) アートセンター歯科 新神戸駅すぐ


  • 神戸市 アートセンター歯科診療時間
  • スマートフォンサイト
  • 当院の治療方針
  • ネット診療予約
  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
  • 歯周内科
  • ぺりセラ
  • ドックスベストセメント
  • 予防歯科(PMTC)
  • メタルフリー・ノンメタル治療
  • 審美歯科(メタルフリー・ノンメタル治療)
  • アマルガム水銀除去
  • マイクロスコープ診療(顕微鏡歯科)
  • 精密根管治療(マイクロエンド)
  • 腐骨除去法(ボーンキャビティー除去法)
  • インプラント
  • 高濃度ビタミンC点滴療法とサプリメント
  • 入れ歯・義歯
  • 矯正歯科
  • ホワイトニング
  • 神戸市 歯科衛生士・衛生士求人情報
  • 医療費控除制度について
  • クレジットカード対応

神戸市中央区 歯科医院/歯医者
アートセンター歯科 新神戸駅すぐ


神戸市中央区 歯科医院/歯医者
アートセンター歯科 新神戸駅すぐ