歯肉が不足した際の治療(FGG/遊離歯肉移植術)は神戸市中央区の歯科医院(歯医者)アートセンター歯科へ

ネット診療予約
  • 神戸市中央区の歯科医院(歯医者)アートセンター歯科
  • リンク
  • サイトマップ
歯肉が不足した際の治療法
トップページ > 診療科目案内 > 歯肉が不足した際の治療法
角化歯肉が不足すると・・・
歯を支える周りの歯茎は『角化歯肉』と『歯槽粘膜』の2種類があります。
歯肉が不足した際の治療法
もし、角化歯肉が不足していると・・・
  • 歯磨きが難しくなる
  • 歯磨きや食事の時に痛い
  • 歯周ポケットに汚れが入りやすい・・・・など
歯肉が不足した際の治療法
ですから、角化歯肉をつくることが必要になってきます。
角化歯肉が不足した際の治療をFGGといいます。
(歯の周囲に最低3mmの角化歯肉があることが望ましいです。)

お問い合わせはこちらをクリックsp無料カウンセリングのご予約はこちらをクリック

歯肉が不足した際の治療(FGG/遊離歯肉移植術)は神戸市中央区の歯科医院(歯医者)アートセンター歯科へ

ページトップへ
FGG(遊離歯肉移植術)
FGG(Free gingival graft)とは、歯肉が足りない部分に他の部位から切り取ってきた歯肉を移植する手術です。
歯肉が不足した際の治療法
人工真皮を使ったFGGの長所
歯肉の色調変化がなく、移植片の収縮がよく審美的に優れている
供給側を必要としない(下図の2の上あごを切り取る必要がない)

【STEP:1】

赤い部分の歯肉が不足しているため、
歯の根元まで露出してしまっています。

【STEP:2】

必要なサイズを測り、上あごから必要な量の歯肉を剥離します。

人口真皮を使用すると、この必要がなくなります。

【STEP:3】

剥離した歯肉を必要な部位に移植し、縫合します。

【STEP:4】

1週間ほど歯肉の状態をみて、糸を抜いて、完成です。


お問い合わせはこちらをクリックsp無料カウンセリングのご予約はこちらをクリック

歯肉が不足した際の治療(FGG)はアートセンター歯科へ

ページトップへ
インプラント周囲に角化粘膜は必要か?
角化歯肉が不足していると・・・・・
1:骨吸収が生じやすい
骨吸収が約6.8倍生じやすい。
(インプラント周囲では頬側面での骨吸収が顕著であるが、頬側の骨吸収量は角化粘膜幅および角化粘膜厚さと有意に相関する)
2:歯肉退縮が進行しやすい

よって・・・
角化歯肉獲得術(FGG)をすることによって、
歯やインプラントを長持ちさせる予防効果が期待できます。

お問い合わせはこちらをクリックsp無料カウンセリングのご予約はこちらをクリック

歯肉が不足した際の治療(FGG/遊離歯肉移植術)は神戸市中央区の歯科医院(歯医者)アートセンター歯科へ

ページトップへ
インプラントをより良く理解頂くために無料小冊子配布中!

神戸市中央区の歯科医院(歯医者) アートセンター歯科 新神戸駅すぐ


  • 神戸市 アートセンター歯科診療時間
  • スマートフォンサイト
  • ネット診療予約
  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
  • 歯周内科
  • ドックスベストセメント
  • 予防歯科(PMTC)
  • インプラント
  • 歯肉が不足した際の治療法
  • 高濃度ビタミンC点滴療法とサプリメント
  • 入れ歯・義歯
  • 矯正歯科
  • 審美歯科(メタルフリー・ノンメタル治療)
  • ホワイトニング
  • 口臭治療・ドライマウス治療
  • ぺりセラ
  • アマルガム水銀除去
  • 神戸市 歯科衛生士・衛生士求人情報
  • 医療費控除制度について
  • クレジットカード対応
  • 口腔がん検診口腔検診

神戸市中央区 歯科医院/歯医者
アートセンター歯科 新神戸駅すぐ


神戸市中央区 歯科医院/歯医者
アートセンター歯科 新神戸駅すぐ