入れ歯(義歯)

入れ歯・義歯について

毎日の食事もおいしく、快適に味わい深いものにしたいものです。でも、入れ歯(義歯)は単にものを食べるだけの道具ではありません。自然な口元をつくり、お話しするにも入れ歯(義歯)は大切です。

入れ歯(義歯)を意識せずに食事や会話ができれば気持ちも明るく自信も生まれてきます。入れ歯(義歯)は患者様の体に大切な時間のすべてに必要なものです。より快適で、患者様の体に優しい入れ歯を選んでいただきたいとアートセンター歯科では考えております。

近年入れ歯(義歯)の種類も豊富になってきております。神戸市中央区のアートセンター歯科では、様々な入れ歯(義歯)治療の対応が可能ですので、入れ歯(義歯)をお考えの患者様は、是非当院へご来院下さい。無料カウンセリングも実施しておりますので、お気軽にご利用下さい。
ホワイトデンチャー
金属歯(クラウン)が全装冠の様に目立たなくなり、ノンクラスプ装着時に感じる出っ張り感が少なくなります。 また、修理する場合、医院内で取替え可能。

ノンクラスプデンチャー
金属を使用しない入れ歯(義歯)=ノンクラスプデンチャーです。床の部分に弾性のある材料を使って製作され、歯頸部にも同じ材質(ピンク)で維持させるように製作されます。

コバルトクロム金属床
薄い、強い、違和感が少ない、熱伝導がいい食感も最高です。 しかし、金属の部分の裏打ちをやりかえるときに厚さが増えることもあります。

金属床
薄い、強い、違和感が少ない、熱伝導がいい食感も最高です。また、特定療養給付の対象です。 ただし、 金属の部分の裏打ちをやりかえるときに厚さが増えることもあります。

オーバーデンチャー
スナップボタンのように固定する入れ歯です。特徴として残った歯の根を有効に活用し、スナップボタン状の突起を作り、デンチャー内面のゴムリングで維持、安定させる入れ歯(義歯)です。

ビームバーデンチャー
しゃべりやすさを考えた入れ歯(義歯)です。特徴として、発音や舌感を良くするために、プレートではなく白金加金線の金属を口蓋ヒダの谷部に設置した入れ歯(義歯)です。

神戸市中央区のアートセンター歯科では、上記の入れ歯(義歯)治療の対応が可能ですが、上記の治療法だけでなく「金属」を一切使用しない入れ歯(義歯)治療も対応可能です。
下記に詳細を掲載しておりますので、是非ご参考さい。
アクセス 電話予約 ネット予約

金属を一切使わない入れ歯(義歯)ノンクラスプデンチャーについて

神戸市中央区のアートセンター歯科では、「金属」を一切使用しない入れ歯(義歯)治療の対応可能です。

ちなみに、金属を使用しない入れ歯(義歯)は何処の歯科医院でも作れるものではありません。 当院では、この金属を使用しない入れ歯(義歯)=ノンクラスプデンチャーでの治療が可能です。

機能的で、尚且つ審美性の高い入れ歯(義歯)にしてみませんか?
ノンクラスプデンチャーは、床の部分に弾性のある材料を使って製作され、歯頸部にも同じ材質(ピンク)で維持させるように製作されます。

下の写真は、ノンクラスプデンチャーを使用された場合の例です。

上のように、金属を使わない入れ歯(義歯)はもちろんのこと、今のお口に銀歯があったとしても隠すことができるケースもございます。

下記に金属を一切使わない入れ歯(義歯)=ノンクラスプデンチャーについてのメリットとデメリットを掲載しておりますので、入れ歯(義歯)をお考えの患者様は、是非ご参考下さい。

【メリット】
金属のバネが見えず、審美的にも優れた軽いデンチャーが作製でき、全体が薄く仕上がり、修理がしやすい材質ポリカ・ポネードです。

【デメリット】
材質の改良がなされ、わずかにたわみますが、咬合に支障のない程度のたわみです。むしろ、たわむことで、歯をつかむ力に優れています。
ただし、金属床に比べて、汚れや菌のつきやすい材質のため、長期間の使用には向きません。
(約2年~3年程度)
アクセス 電話予約 ネット予約

アートセンター歯科コンテンツ

院長紹介&当医院の方針 診療科目案内 治療の流れ 院内・設備紹介 医療費控除制度 アクセス ネット診療予約 無料カウンセリング 無料メール相談 求人情報
神戸市中央区の歯科医院(歯医者)アートセンター歯科は、インプラント、矯正歯科、審美歯科、ホワイトニング、歯周病治療まで対応しています!
アクセス 電話予約 ネット予約

アクセス&診療時間
神戸市中央区の歯科医院(歯医者)アートセンター歯科の診療時間
PC用サイトを表示する